サモ流

〜ラムミーバリ伝〜サモエド犬ラム&ミーシャ&バリーを連れてアウトドア、冬は犬橇を楽しんでます♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

保護犬の搬送

土曜日の朝、いつもなら休日で8時近くまで寝ていますが、
この日は珍しく6時過ぎには目が覚めました。

そして、いつもなら朝から携帯でネットに繋ぐことはほとんどしませんが、
この日はなぜかUKC JAPANさんのBBSが気になって見てみました。


すると・・・・

≪大至急・・・今日、2日(土曜)栃木県宇都宮から神奈川県寒川町まで3頭の保護犬を搬送できる方探してます。≫

とタッズ母さんの書き込みが朝5時55分にありました。


今日空いてる・・。宇都宮・・。3頭・・。ゲージの予備も3つある!
じゃぁ「家が行かなきゃ!!」

すぐに電話をしましたら、是非お願いしますとのことで保護犬を搬送することになりました。

2時頃、3頭を宇都宮で預かって寒川まで向かい、5時半ごろに到着。

「ありがとうございます」タッズ母さんが深々とお辞儀をされました。
3頭の名前、状況、健康状態を確認してゲージの中に入れてあげます。


1頭は飼い主さんが分かっていて、すぐにお迎えが来る予定です。

1頭は、道で疲れて寝ているところを保護されました。
連れて行こうとすると、何度も何度も同じ家に入って行こうとしたそうです。
その家が、その子の家だったのではとのことで、表札のお名前をチッェクして、後日役所に問い合わせてみるそうです。

そして、最後の1頭は11歳のとっても人なつこい良い子。原発立入禁止地域となった方が民宿に避難されていて、避難所に行くのに連れて行かれないからと、民宿にだまって犬を置いて行ってしまったそうです。
置き手紙にお金と犬の毛布や小物も置いていきました。

その置き手紙を預かりましたが、

≪もうこれ以上連れて行くことができません。保健所に連絡してください・・・・≫

本文どおりではありませんが、その様なことが書かれてあり電話番号も書いてありました。

家もなく、お金もなく・・・・
どうしようもなく、こっそりと犬とお別れをしたのでしょうか。

飼い主が悪いわけではない、これが現地の現状なのでしょう。

その手紙を読んで、心優しいタッズ母さんも涙を流していらっしゃいました。


3頭を無事見届けて帰る時には、また何度も何度も「ありがとうございました」とのお言葉をいただき、握手をして帰りました。

この方が側にいれば犬達も安心して過ごせるのではと思います。

UKC JAPANの皆様。これからも頑張ってください!!


少し長くなりますが、
この日、急遽神奈川に行くことになったので、帰りにチョットでも会えないかなと思いラムの姉妹のハウィちゃん家に連絡してみました。
そして、現地からの帰りにハーちゃん家方面に行くと渋滞で大変だと言うことで、わざわざUKCまで来てくださいました。ありがとうございます。
暗い駐車場でハウィちゃん、AJくんとご対面!

04-021.jpg
にらめっこか・・と思ったらチュッチュしてました。AJくんは優しいね♪

04-022.jpg
ハウィちゃんとラムの双子ちゃんショット。
暗闇だから写りが悪いけど、本当に似てますよ(;O;)

2日の日は、いろいろなご縁を感じる日でもありました。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

UKC JAPANの皆さんが被災地の動物達の救済に行っています!
ブログ
BBS

TV放映されました!
フジテレビ
 日テレ

| 未分類 | 00:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT